千葉市の地域・地縁団体と公的ホームページを結びつけるTOPページに戻る


地域や地縁社会のIT普及をサポートするNPO活動

ソーシャアル・メディアによる千葉市情報


今の千葉市情報あなたのTwitterあなたのフェイスブックあなたのGoogle+


|ラジオ・音楽を聴く

普及会Googleプラスページ災害対策情報 |

 私たちは信用のある公的サイトの情報を利用し、誤解のないように、デマに惑わされないように地域IT化を推進して行くことが必要と考えております。さらに市民同士がITを利用し発言・交流することの補助活動を目的としています。普及会は、千葉市の西部にある登戸地区の地域自主団体とサポート作業をしています。             


千葉地域配布情報


     

      

                    
                                      

 




 少子高齢化社会のライフライン(命綱)には、インターネットは欠かせない重要な道具になっています。この道具を高齢化社会の中核になる主婦・中高年者・高齢者の方々が使いこせないことは大問題なのです。インターネットの利用とスマートフォンやタブレットの利用も今や生活の一部になって来ておりライフラインになりつつあります。

 一方、主婦や中高年者が主体になっている町内自治会、地縁団体、福祉団体、産業団体は、NPOや市民自主ボランティアグループとの相互関係を強化することが大切な時代に来ているとも思っています。

 地域社会管理組織は「市や区」の組織と深く関係していますが。縦割りの要素が強い面もあります。一方NPOや市民自主ボランティアグループは横の交流を得意としています。
 
 中島みゆきさんの歌でははありませんが、地縁・福祉団体は縦の糸、NPOは横の糸、織りなすものが「市民地域」となることが私たちの目的です。現在は任意民衆団体「ちば登戸金曜会」と協同活動をしていますし、西登戸自治会の賛同も頂いております。

  ちばインターネット普及会(NPO法人)の部会である「ちば金曜会」では信用のあるホームページ、千葉市のちばし安全安心メール、Twtter、 Facebook、Google+、Mixiなどを利用し、千葉市の地域住民や中高齢者に必要な情報をいち早く的確に伝えていきたいと思って います。その為にも情報を共有する方法を主婦・中高年者・高齢者に普及活動を行っています。

 県庁や市役所は、信用あるを発信していますが、受けて側の市民や高齢者が利用するためにも、簡単なIT技術に慣れていただく必要がありますし、ネットによる情報交流・発信にも親しんでもらう必要があります。私たちはこのような普及活動を粘り強く行って行く所存です。

 「今住んでいる地域」の素晴らしさ自覚し、インターネットやデジカメ等を利用してみんなで地域に協力できる仕組みを創り、オムにチャンネルなどを学び「街おこし」のお手伝いができることが私たちの夢でもありす。
 
 私たち「NPO法人ちばインターネット普及会」は過去の「主婦・中高年者向けパソコン教室」の経験を生かし、千葉市地域の皆さんのお役にたちたいと思っています。
 
他のサイトを役立てる
  下記NHK OnlineからTwitter名やアプリを取得したり、NHKの主要ニューや地域ニュースを見て緊急・災害時に役立てたりたり、TwitterやFacebookに取り込むことがきます

NHK OnlineからNHKの各番組のTwitterとつなげることができ、番組を見ながら投稿することもできます。
  
  •  
  •