千葉市の災害対策


ちばし安全・安心メール|

  千葉市ではIT(携帯電話)を利用してローカル災害緊急メール(ちばし安全・安心メール)を作成し「安全安心まちづくり」を目指しています。

  千葉市の地域で起こった防災や災害を携帯電話、スマホに強制通報が行われ地域の人に即知らせています。地区の区分もかなり細かく・簡単に設定が出来ます。いまでは携帯電話は小学生を含めほとんどの人が携帯していますので身を守るためには市民が全員設定してもらいたい全国的な企画です。

  このような防災・震災対策は全国的に進められており、互いの連絡は素早く広報できるTwitterやSNS、Webメールを利用することの研究や実施訓練が多くの市民団体が協力してなされております。

  問題は携帯電話やスマホが利用できない少数の人々への対応懸念されていますが、私たちの経験から身障者を除き95歳までに利用できることが確認されております。ぜひぜひ、みんなで協力参加して下さい。

 |わがやの家の危機管理マニュアル

 千葉市では災害対策マニュアルを作成しています。日頃の心構えとして「安全安心メールの設定」の登録が重要な位置を占めています。

 災害マニュアルの「ホーム」をリンクしてご覧になると細かく災害マニュアル項目が書いてあります。参考になりますのでぜひご覧ください。

 |他人が急に心肺停止になったら

 サッカーの松田直樹選手が突然心肺停止に陥ったことから、自動体外式除細動器(AED)の利用の重要性が叫ばれ始めています。

 最近では消防災害訓練にAEDの実習が取り入れだしました。災害対策にはAEDの知識は避けられないものになってきているようです。このような対策にも注目し、こころしましょう。
 |Web171災害伝言板(NTT)|

  災害時に、NTTの行うプッシュ電話による音声伝言を預けたり、インターネットを利用して携帯電話やスマホ、タブレットで被災害者とメール交流を行うことが出来ます。

 |千葉の雨雲の動き |地域天気・災害情報

  急な雨などの雲の移動を予想・知ることが出来ます。災害にならないよう前もって確認しましょう